楽しく学び、考える習慣をつける

考える習慣をつけるにあたって大切なことは楽しいかどうかということ。駿台・浜学園では難しいことでも楽しく学ばせる工夫が教材と授業の中にあります。小2では基礎的な知識をきっちりと身につけ、その知識を使って難問を考え、解決することで学ぶ楽しさが実感できます。

指導科目

算数・国語

指導時間

1回180分(休憩10分含む)
週1回(土曜日実施)

授業構成

35分 算数 復習テスト
50分 算数講義
10分 休憩
35分 国語 復習テスト
50分 国語講義

※授業構成は代表例ですので、実施順番は異なることがあります。

算数について

指導方針

整数の数量処理の習得を通して、文章題や図形、規則性の問題など2年生でも楽しく取り組める受験算数の基本問題を扱っていきます。計算に関しては、別冊の計算テキストを使用して講義の進行を追いかけるように復習していきます。これによって整数の四則計算の技法を定着させます。

指導内容

2・3年生では整数の四則計算はもちろん、規則性や図形、文章題など様々な単元で算数体験を深めていきます。また、2年生の早い段階から、かなり長い文章題に触れ、問題の内容を図や式で整理していく練習をしていきます。また、3年生では、和差算(線分図で考える)やつるかめ算などの本格的な受験算数の単元に臨みます。このことによって、単なる閃きだけでなく、高学年につながる論理的思考力を養うよう指導していきます。

駿台・浜学園の
算数はここが違う!

算数の配点が大きい関西で培った「浜学園」の学習ノウハウ・オリジナル教材でステップを踏んで成長できる!

詳しくはこちら

国語について

指導方針

まとまった文章を何回かに分けて1つの単元とし、年間を通してかなりの量の作品を読むことで、しっかり読んで考えようとする姿勢を身につけます。さらに、論理的な思考や理解を助けるために、「こそあどことば」、「つなぎことば」、「ことわざ・慣用句」、「文法」といった「ことばの知識」も学びます。

指導内容

2年生は受験国語の入口として、長文読解を中心に取り組みます。関連した知識単元にも触れながら、続きの文章を何週かに分け、様々な種類の問題を読んでいきます。3年生は難易度こそ、学年に合わせているものの、入試問題につながるような問題演習を意識した構成で学習します。また、後半では文章を「書く」ことに焦点をおき、総合的な国語力を養います。