合格体験記

洗足学園中学校 合格

M.Y. さん(所属:あざみ野教室)

  • 洗足学園中学校合格
    田園調布学園合格
    佐久長聖中学校合格

テーマ駿台・浜学園での自分自身の歩み

「浜学園での生活」

 私は、小学五年生の十一月から浜学園に通い始めた。それまで塾に通ったことがなかったので、初めて知ることがたくさんあった。勉強は好きだったので、授業は興味深く、楽しかった。しかし、塾のある一週間のペースに慣れず、宿題も必要最低限しかできていなかったので、成績がとても伸びるということはなかった。だが六年生になると、塾のある一週間のペースに慣れ、宿題も五年生の時と比べてできるようになった。大好きな読書をして息ぬきもした。すると、五月頃から、成績が良くなった。この時に宿題の大切さをよく知った。しかし、夏は夏期講習、日特、マスターの授業が重なり、今まで以上に忙しくなった。まだ、ここの中学に行きたいという明確な目標はなかったが、優先順位を考えて志望校に合格するために宿題や授業を頑張った。六年生の十一月頃には、洗足学園に行く、という目標ができ、過去問を解き始めるようになった。しかし、中々点数が伸びなかった。正解率が高い問題は確実にとれるようにはなってきたが、やはり、余ゆうは無かった。過去問を解いているうちに一月の受験の日がやってきた。緊張はしなかったが、合格という二文字を見たと時はうれしかった。そこからはあっという間で、ついに受験の日になった。案外落ち着いて受けられたが、自信はなかった。午後は算数一科だったのですぐに終わった。家に帰ってからは合格発表が待ち遠しかった。合格発表の時は、どこから合否を見るのかが分からず時間がかかった。やっとたどり着いて、見ていると、「合格」と書いてあった。過去問の点数が伸びなかったことや、受けた後自信がなかったことがあったから、より、嬉しく感じた。